スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズン終了

シーズン終了の挨拶。
今シーズンは名寄大会から好スタートを切ることが出来、音威子府大会・札幌大会・全道高校(北海道選手権)
全国高校まで過去にないくらいの好成績で翔け抜けました。
3年生の寺林拓人はインターハイまで7戦6勝の勢いで、私も過去にない勝ち方で何か落ち着かない感じでした。
そこに連 拓(2年)・加藤広大(2年)・青野悠貴(1年)・樋田 稜(2年)・紅一点の青嶋ひかる(3年)
が続き、チーム状況は風邪・怪我もなく良い状況でした。ただ、星野壮生(2年)が音威子府大会から足底筋膜炎になり、一人涙を流す事が多くなり私も精神的に苦しかった事がありました。一番練習に取り組んで来た星野が走れないと言うことになり、一方では勝ち越す、一方ではスタートを切るも途中棄権で涙を流している状況で、複雑な気持ちでした。心から喜び、選手を讃えてあげたい
スポンサーサイト

shi-zun

名寄大会・音威子府大会終了

続きを読む

音威子府合宿

12
月9日から体協合宿が始まりました。旭岳に金曜日夜から入り日曜日午後も練習を行い、音威子府に移動しました。大雪警報も出ていて移動も大変でした。音威子府は5km コースしか出来ていませんが良いコースが出来ていて、選手も気持ちよく滑走していました。13日まで合宿ですが、走り込み・スピード練習を少しずつ行い、大会に向け仕上げて行きたいと思います。13日朝、白滝に移動し大会に備え準備します。旭岳自炊合宿では保護者の方々が食事の準備に来ていただき、大変たすかり、また手の込んだ料理を沢山作っていただき有り難うございました。選手は大会成績で恩返しすると思います。私も結果が出せるようサポートしたいと思います。。


11月9日・10日と旭岳で今シーズン初となる雪上トレーニングをしてきました。11月初旬に50cm以上降雪がありコンディションは良いと言うことで、旭岳に向かいましたが雨と風そして天候の良さからあっという間に溶けて10cm程度になっていました。それでも選手は久々の雪上のトレーニングで嬉しそうにスキーに乗っていました。早々に大学生や県連の合宿、近隣の高校生・中学生がトレーニングに来ており短いコースにたくさんの人が入りトレーニングをしていました。私たち恵庭南高スキー部も今週の金、土、日、そして20日からは北海道体育協会の合宿が始まり本格的なトレーニングに入ります。今年は札幌インターハイと言うこともあり気合いの入るところですが、これまで頑張って練習してきた成果が出るよう心と体を上手くコントロールしながら良いゲームが出来るよう頑張ります。写真は練習後スキー仲間と撮影したものです。生徒も横のつながりを大切にしているようで、にこやかに話をしたり、一緒にカメラに入るなど良い人間関係が出来ているなと感じました。
スキーを通じての仲間、一生の仲間でいて欲しいですね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。